• 2018.11.13

    電源コードと電源プラグ点検のお願い

    電源プラグを長い間コンセントに差し込んだままにしておくと、プラグとコンセントの隙間にホコリがたまり、このホコリが原因で発火してしまう事があります。
    この現象を「トラッキング現象」といいます。

     

    この現象はプラグとコンセントの間にたまったホコリが湿気を帯びると、差し刃間に流れる微弱な電流により火花が発生し、プラグの樹脂部分が徐々に炭化し、導電路(トラック)を形成する事で発生します。

     

    長い間、使用したままの電源プラグは定期的な確認と清掃が必要です。

    暖房機を使用する前に一度ご確認をお願いいたします。

    ユーレックスではオイルヒーターの電源コードと電源プラグの点検方法を下記にてご案内しておりますので、オイルヒーターをお使いの前にご確認をお願いいたします。

     
    電源コード・電源プラグの安全な取扱い方

  • «
    »